サカセルコラム

受験とスポーツ:その1 Column

知っトク 中学受験

受験とスポーツ:その1

2021.01.11

はじめに

みなさまは年始の箱根駅伝をご覧になったでしょうか。駒澤大学が最終区で逆転優勝をしたり、往路優勝、復路優勝、総合優勝がそれぞれ違う大学であったりと、話題が尽きない大会で、自分も家で観戦していて今まで以上に興奮しました。

箱根駅伝を見ていてふと思ったことがあります。

「受験ってまさしくスポーツと同じだなあ」

実際、受験本番を試合に例えた表現は人口に膾炙したものだと思いますが、よく考えてみると、全く同じとは言えない点も見えてきました。そこで、今回から連載形式で共通点、相違点について思いついたものを書いてみたいと思います。

共通点1:ゴールまで、ゴール、そしてその先

勉強は練習、確認テストは練習試合、試験本番は大会

まずは、スポーツと受験の形式について見てみましょう。よく例えられるように、スポーツにおける大会の本番というのを受験そのものとすると、それに向けての予行演習としての練習試合は確認テストであると言えます。これは、本番と同じ形式で自分の実力を試すだけではなく、練習や普段の勉強がどのくらい身についているかを確かめる目的もあるでしょう。この最終目標に向かう道中で同じ過程を反復しながら、らせん状に積み上げてゆく道筋はまさしく両者に共通しているのではないでしょうか。

(図1:受験に向けた積み上げ(左)と試合に向けた積み上げ(右))

受験や大会は同時に通過点でもある

しかし、この積み上げた結果を披露する大会や受験が終わった後はどうでしょう。スポーツの大会に参加する人の多くは、人生で1つの大会だけに参加するわけではないと思います。春の大会の後は夏の大会、そして次の年にも大会に参加するはずです。つまり、大会の結果を受けて、その先の自分の行動にその反省を反映させながらより高みを目指すはずだと思います。

では、受験ではどうかというと、学校に合格することがもちろん目標であると思いますが、より大きな視点で考えると、中学受験の後には大学受験をするかもしれませんし、ある学校に入ることよりも、それぞれの学校に入ったあとの生活が人生の中で真に重要な部分かもしれません。つまり、受験も大会のどちらもそこが最終的なゴールとは言えないという点でも同じであると言えます。

おわりに

今回は受験とスポーツについて形式的な共通点である準備と本番の関係、そして本番とその後について見てみました。このように次回は両者の実態に関しての共通点を見てみたいと思います。それでは。

関連記事

H.Y

この記事を書いたのは...

H.Y

慶應義塾大学4年
ハンドボール、スカッシュ、尺八と
マイナーなものをせめがち。

同じ筆者の記事を見る