サカセルコラム

中学受験生 お盆休みの過ごし方 Column

知っトク 中学受験

中学受験生 お盆休みの過ごし方

2018.08.07

夏期講習のスタートから早2週間。

猛烈な暑さ、台風、ゲリラ豪雨など、今年の空模様も慌ただしいものです。

ただ幸い、首都圏の受験生にとっては今のところ塾のスケジュールが変わるほどの大きな打撃を受けることは無く、順調に夏期講習のカリキュラムを進められているのではないでしょうか。

 

自律学習サカセルでも、生徒達はよく頑張っています。

午前に集団塾の授業が終わり、お弁当を手に自律学習サカセルの教室に来て、自習・授業に取り組んでいる生徒達、その調子です。

この夏に大量の問題をこなすことは、秋以降の躍進に必ずつながりますよ。

 

ただ体力的には、お盆休み前の今が一番キツイ時期でしょう。

最も優先すべきことは、その日の授業内容を翌日の授業までに確実に吸収すること。

それさえ毎日こなしていたら、無理せず欲張らず、しっかり休むことも夏期講習中は大切です。

体調を崩して1日でも休んでしまうと、残念ながら連日の夏期講習期間に取り戻すことは、ほぼ不可能です。

 

ただ。

夏休み最大のチャンスが「お盆休み」です。

今回は中学受験生のお盆休みの過ごし方について考えてみましょう。

 

最も優先したいことは「夏休み前半の取りこぼし」です。

生徒によっては学校行事と夏期講習の日程が重なってしまい、授業を受けられなかったこともあるでしょう。

そうでなかったとしても、どうしても理解の浅い分野や深い分野の差は出てしまうもの。

このお盆休みに各テキストで身につけるべき内容を確実にマスターできるよう、頑張ってみましょう。

 

次に優先すべきことは、意外に「休息」です。

夏期講習スタートから約20日。

ほぼ休みなく勉強を続けてくると、心身の疲労は思いのほか大きいもの。

「お盆特訓で114時間、毎日勉強や!」と息巻いていると、パンクしてしまう可能性も否めません。

もちろん頑張れるならば、お盆特訓は素晴らしいものですが、ここで体調を崩してしまうと今までの頑張りが非常にもったいないことになってしまいます。

お盆休みは、受験生として常識的な勉強量にとどめて、ひと息つくくらいでも良いですよ。

そのぶん夏期講習後半と9月からに全力を尽くせるようにしていきましょう。

 

ここまでは全ての受験生に共通するもの。

 

その次に優先すべき内容は「弱点補強」か「テスト演習」か「過去問チャレンジ」ですね。

弱点分野が明確で、その分野を夏期講習では充分に扱っていない場合は、弱点分野に絞った学習も効果的です。

また連日の知識偏重の学習でテストへの感覚が鈍る場合も多いので、模試の過去問等のテスト演習でスピードと正確さの確認を進めてみても良いでしょう。

モチベーションをブーストさせるには志望校の過去問に取り組んでみることも効果的です。

夏休みの時点で合格ラインに届く受験生は少ないので、結果はそこまで意識しなくても良いでしょう。

最終的な到達点を実感することで、より頑張るきっかけとして欲しいなと思います。

 

受験生のお盆休みとしては、こんなところでしょう。

学校の宿題は、息抜きとして時々取り組んでみるか、夏期のテストの後にまとめて進めてみることが現実的なのかもしれませんね。

 

まだまだ夏期講習は続きます。

価値ある夏休みに出来るよう、引き続き頑張っていきましょう!

 

関連記事

三宅 貴之

この記事を書いたのは...

三宅 貴之

自律学習サカセル代表。
東大寺学園から東京大学に進み、以降は講師としてキャリアを積む。

また講師としてだけではなく、東大生のみを紹介する家庭教師センターを設立し、誰よりも多くの東大生と勉強法を論じてきた経験も持つ。
そして満を持して、2017年に自律学習サカセルを創設。

その昔、高校生クイズで全国大会の準決勝に進出したことも。
現在は卒業生との語らいと娘の成長が楽しみ。

同じ筆者の記事を見る