サカセルコラム

桜の季節、授業前のヒトリゴト Column

サカセルの日常

桜の季節、授業前のヒトリゴト

2018.03.29

こんにちは、自律学習サカセルの三宅です。

桜満開、春ですねぇ・・・

今年は暖かく晴れた日が続いて、いつもよりも長い期間、お花見が楽しめそうです。

少し浮足立った世の中も、この時期ならではですね。

 

先週末の日曜日の早朝7時前。

自宅から池尻246教室に向かう僕は、駒沢公園を自転車でのんびり走っていたんですが、埋め尽くすのは桜とブルーシート。

場所取りで座っている方も多々、朝早くからお疲れ様です。

皆さん読書をしていたり、携帯電話を触っていたり。

家族か仲間か上司のためなのか、このあたりの責任感って大人には大切だと思います。

誰かの頑張りがみんなを笑顔にする、素晴らしいですよね。

僕だったら張り切って場所取りはするもの、かなりフライングして一人で飲み始めてしまいそうです、減点。

 

また池尻246教室から歩いてすぐの目黒川。

桜の名所として有名みたいですね。

僕も時々、中目黒駅まで散歩するんですが、この数日は、人ヒトひと・・・

昼間から仲間や恋人と、お酒を片手に何だか楽しそう。

僕はこれから仕事か。

 

・・・別に嫉妬じゃないですよ。

お陰様で忙しく楽しくさせてもらっています。

生徒にとっては、今はまさに春期講習。

学校がお休みなぶん、午前中から勉強のお手伝いが出来ることは、ありがたいものです。

この時期の学習は、直前期と比べると負担も大きくないので、弱点補強や特定分野の集中学習など、より計画的に一緒に勉強できることが楽しいもの。

講師としても力の魅せ所、適切なアドバイスを心がけています。

ただ新学期が始まると、塾のカリキュラムに沿った学習に追われることになりそうです。

それはそれで価値もやり甲斐もあるので頑張ります。

 

ところで、雑談です。

昔よりも桜の開花時期って、早まった気がしませんか?

48日前後の入学式の頃に満開だったのが、今は3月末には咲き誇っているような。

気のせいですかね。

もしくは大阪と東京の違いですかね。

 

まぁ考えても仕方ない。

受験生の皆さんが、来年それぞれの桜をサカセルように、お手伝いしていきます。

では授業に行ってきます、目黒川沿いを敢えて歩いて。

 

関連記事

三宅 貴之

この記事を書いたのは...

三宅 貴之

自律学習サカセル代表。
東大寺学園から東京大学に進み、以降は講師としてキャリアを積む。

また講師としてだけではなく、東大生のみを紹介する家庭教師センターを設立し、誰よりも多くの東大生と勉強法を論じてきた経験も持つ。
そして満を持して、2017年に自律学習サカセルを創設。

その昔、高校生クイズで全国大会の準決勝に進出したことも。
現在は卒業生との語らいと娘の成長が楽しみ。

同じ筆者の記事を見る