サカセルコラム

明けまして・・・ Column

サカセルの日常

明けまして・・・

2018.01.06

皆様、明けまして・・・(おめでとうございます←小声)

本年も宜しくお願いします。

 

今年も無事、いつも通りのお正月を迎えることが出来ました。

 

紅白を見て、

家族とゆっくり、

おせちでおなか一杯・・・

 

いやいや、こんな正月とは全然違うんです。

中学受験の個別指導のプロ講師にとって、元日からバリバリの授業をこなすのが、いつものお正月。

僕もお陰様で、今年も午前中から授業を実施させていただきました!

 

それもそのはず。

中学受験生にとって1月1日は、大本命まで1か月という超!直前期。

1日たりとも無駄にすることは出来ません。

大手塾でもさすがにお休みに設定している元日こそ、個別指導の出番です。

 

新年早々ビシバシ叱られた生徒達に、1か月ちょっとして振り返ってもらった時に「11日から勉強して良かった」と思ってもらいたいもの。

講師たちも何とか受からせたくて必死です。

 

また毎年のように「先生のご家族に申し訳ない」と言われるんですが、そういう仕事だと理解してもらっているので、ご安心を。

 

さぁ気を引き締めて、まずは目先の1月校入試や帰国生入試の準備を進めます。

合格を勝ち取らせて勢いをつけたら、第1志望校に向けてのラストスパートです。

 

という訳で「おめでとう」は、あと1か月、とっておきましょう!

 

「おめでとう」が終わったら、僕も休みのことを考えることにします。

 

受験生の皆さんが小学校の卒業式と、志望校への入学準備で忙しくしている頃に、お休みが取れたらなぁ・・・

 

でもきっと、新しい受験生のために、結局年中バタバタしているのが日常です。

 

関連記事

三宅 貴之

この記事を書いたのは...

三宅 貴之

自律学習サカセル代表。
東大寺学園から東京大学に進み、以降は講師としてキャリアを積む。

また講師としてだけではなく、東大生のみを紹介する家庭教師センターを設立し、誰よりも多くの東大生と勉強法を論じてきた経験も持つ。
そして満を持して、2017年に自律学習サカセルを創設。

その昔、高校生クイズで全国大会の準決勝に進出したことも。
現在は卒業生との語らいと娘の成長が楽しみ。

同じ筆者の記事を見る