サカセルコラム

早稲田アカデミーに向く生徒、向かない生徒 Column

早稲アカの活かし方

早稲田アカデミーに向く生徒、向かない生徒

2021.03.02

先日、SAPIXにどんな生徒が向いているのかについての質問を頂きました。

SAPIXに向く生徒、向かない生徒

ただ、世の中に塾はSAPIXだけではありません。今回は早稲田アカデミーについて、どんな生徒が向いているのか自律学習サカセルのK・M先生に伺ってみます。


それでは本日は早稲アカの向き不向きについて解説していきますね!

【早稲アカの特徴】

一言で言うなれば、体育会系の塾という印象が強いのではないでしょうか?現在はブランドイメージの転換を行い、広告等からはお洒落な雰囲気が出ていますが、実際は熱い先生がまだまだ在籍されており、そこが早稲アカの特徴的な部分です。(当然、ハチマキも健在です)

また、手厚い指導、面倒見の良さも良い部分です。

元々は、高校受験中心の塾ですので、「先生→親→子供」ではなく「先生→子供」といった形で生徒との距離が良い意味で近く、そこが上記の良い点に繋がっているのではないかと思います。

そして、中学受験部と高校受験部が1つの校舎にまとまているので、まだ中学受験をするかどうか迷っている、というご家庭の対応が可能です。中学受験コースから高校受験コースへの切り替えが容易にできることも特徴的ではないでしょうか。

カリキュラムに関しては四谷NET加盟塾になりますので、四谷カリキュラムとなります。よって使うテキストは予習シリーズです。同時にオリジナル教材も多く使用しており、バックアップテキストや上位校への算数は非常に有名です。

宿題量は多いです。通塾日数(拘束時間)もsapixと比べると多く、スケジュール管理が非常に重要となります。

さらに追加しておきますと、料金的に比較的安い、ということも挙げられます。

中学受験業界第2位の実績でこの料金体系は比較的安価と言えます。

現在ではDUAL授業という名称で通常授業にWEBから参加することも可能となっており、そこも大きな特徴と言えるでしょう。

早稲田アカデミーの特徴まとめ
  •  体育会系で元気で明るい先生が多い!
  •  面倒見が良い!
  •  カリキュラムは四谷カリキュラム!
  •  宿題量は多く、通塾日数も多い!
  •  比較的安価!
  •  通常授業にwebで参加可能!
  •  中学受験から高校受験へ切り替えが可能!

【向いている生徒・ご家庭】

もうここまで話すと分かるかもしれませんが、体育会系の雰囲気にあったお子様が向いています。また、四谷カリキュラムかつ宿題量が多めになりますので、ご家庭の方での管理やフォローが前提となります。金銭的に余裕があるご家庭は個別指導との兼用をされている場合も結構あります。また中学受験をさせるかどうかを迷っているが一応スタートはさせておきたい、というご家庭も向いています。

こんな子は早稲田アカデミーに向いている
  •  明るく元気な雰囲気、体育会系の雰囲気についていける生徒
  •  宿題量に対応できるご家庭
  •  本格的に中学受験をするかどうか迷っている

【向いていない生徒・ご家庭】

裏を返しますと、体育会系の雰囲気に合わない生徒は向いていないです。また、四谷カリキュラムの速さと宿題量の多さに対して、管理・フォローできないできないご家庭もやはり厳しいでしょう。さらに、高校受験がメインの先生が授業を行ったり、算数担当が理科を教えたり、ということがよくありますので、専門性を気にされるご家庭は気になるかもしれません。

こんな子は早稲田アカデミーに向かないかも…
  •  体育会系の雰囲気が苦手な生徒
  •  お子様の宿題管理やフォローができないご家庭
  •  専門性を気にされるご家庭

サカセルでは、中学受験に関する皆様のご質問やご相談に中学受験のプロが回答いたします。お困りの際にはお気軽に下のお問合せフォームよりご連絡ください。

にほんブログ村にも参加しています。ぜひ下のバナーをワンクリックで応援もお願いします!

関連記事

夏田 浩志

この記事を書いたのは...

夏田 浩志

自律学習サカセルでは算数・国語、主要2科目を担当。

大手進学塾では、教務主任職として、校舎全体の運営を担当し、日曜日の志望校別コースの最上位クラスから自校舎の基本クラスまで、算数・国語の両科目で毎年幅広くクラスを担当してきた。

現在の趣味はファッション。
もともと古着が好きだったのですが、現在は「キレイめ」なファッションが好み。

同じ筆者の記事を見る