サカセルコラム

ダイニングバー サカセル 池尻大橋店 Column

サカセルの日常

ダイニングバー サカセル 池尻大橋店

2019.05.27

「おねがいしまーす☆」

重力と年齢に抗うべく、口角をギュッと上げて娘を幼稚園に送り出す日常。

僕の帰宅時には娘は眠っていることも多く、朝は貴重なコミュニケーションの時間です。

幼稚園のママ友たちとも、少しずつ言葉を交わせるようになってきました。

 

そんなある日の午後の幼稚園のお迎えの時間。

 

友人A「ユキちゃんちのパパって、毎朝幼稚園に送って行ってて偉いよねー」

妻「いやいや、朝はヒマで子供と接したいだけだから」

友人B「(普通のサラリーマンじゃないんだろうな)」

 

友人A「それにいつも口角あがってて、明るいし」

妻「まぁ愛想だけは良いからね」

友人B「(服装もカジュアルだし、髪も長いし、マスコミか自営業かな)」

 

友人A「パパの仕事って忙しいの?」

妻「毎日夕方以降は、なかなか連絡がつかないかな。土日は朝早くから出掛けちゃうし。」

友人B「(夕方からの仕事で、土日は終日・・・うーん多分きっと)」

 

妻「不規則な生活と言い訳して、すぐ太っちゃう!」

友人B「(やっぱりそうだ、土日のみランチ営業の飲食店経営だな!)」

友人A「パパの仕事ってどこだっけ?」

妻「池尻大橋からすぐ。幼稚園に送って行った後、いつも自転車で行ってるよ、痩せないけど」

友人B「(じゃあ、今度の土曜日パパのお店に行きたいって言い出してみようかな)」

友人A「けっこう近いんだね」

友人B「ねぇ今度の土・・・」

「うさぎ組さーん、お迎えの時間です」

妻「あ、ごめんねまたねー」

友人A「あ・・・」

友人B「あ・・・」

 

 

・・・来てもらうには、まだ数年早いようです。

料理の相談とかされたら困るなぁ。

 

(このお話は、だいたいフィクションです)

関連記事

三宅 貴之

この記事を書いたのは...

三宅 貴之

自律学習サカセル代表。
東大寺学園から東京大学に進み、以降は講師としてキャリアを積む。

また講師としてだけではなく、東大生のみを紹介する家庭教師センターを設立し、誰よりも多くの東大生と勉強法を論じてきた経験も持つ。
そして満を持して、2017年に自律学習サカセルを創設。

その昔、高校生クイズで全国大会の準決勝に進出したことも。
現在は卒業生との語らいと娘の成長が楽しみ。

同じ筆者の記事を見る