講師紹介

プロ講師 Professional Cram School Teacher

咲良 絵理(PN) 先生

咲良先生

Eri Sakura

咲良 絵理(PN) 先生 プロフェッショナルコース

なんとなく、じゃなくきちんと理解
一緒に基礎からやり直してみませんか?

指導科目 算数

指導エリア 池尻246教室、東京南部

この先生の書いたコラムを見る

経歴

東京大田区出身。
子供の頃から教えることが好きで講師という仕事に興味を持っていました。
大学在学中から中学受験最大手であるSAPIX小学部に算数科講師として15年以上勤務しました。

4~6年生のA〜α1までと幅広く担当できたことで各コースの現状を把握しそれぞれに合った指導法を確立しました。
しかし下位コースになるにつれどれほど入念な準備をして丁寧な授業を心がけていてもクラス全員を理解させることは不可能だと痛感しました。

SAPIXの教材は簡素な解説が多いので授業内での理解が大変重要です。

算数が苦手な子は基礎が甘いため新単元の導入以前からつまずき、授業についてこられない様子もよく見られましたが、集団では授業を進めるしかありませんでした。
授業後心配な生徒さんには必ず質問教室に来るようお声がけしていたので担当コースの子はよく利用してくれていました。
1:1だと今何につまずいていて何が必要なのかよくわかるので質問の解説に加えその子に合った家庭学習の指導もしていました。そのかいもあってか質問の指名欄が私の名前で埋まるようになり、「先生に教えてもらってから算数が楽しくなりました!成績が上がりました!」など嬉しいお手紙を頂くこともありました。

集団では難しくても個人でフォローすればもっと伸ばすことができる!という経験が家庭教師を始めるきっかけになり2012年から家庭教師と個別指導塾での指導を始めました。
私が大切にしている4つのアプローチ(指導方針に詳細を記載しています)の実践により6年生の10ヶ月間で偏差値(SAPIX)30台から50台まで引き上げた例や第一志望校はもちろん数々の逆転合格を成し遂げてきました。
現在はサカセルの算数講師としてご家庭に寄り添い、生徒のみなさんが万全の状態で受験を迎えられるよう全力でサポートさせて頂いております。

指導方針

集団授業で「なんとなく」理解して家で「なんとなく」板書通りの解き方をして「なんとなく」解法を覚えてわかったつもりになっていませんか?

毎回ちゃんと宿題をこなしているのにテストで点数が取れないと悩んでいる生徒さんをよく見かけます。
私は受験算数においてまず「基本をしっかり定着させること」を最優先に考えて指導にあたっています。
4.5年生はたくさんある算数の「ひきだし」に基礎を丁寧に詰め込んでいく期間。
6年前期に「ひきだし」の選択とそれらを組み合わせて正しく使う練習をし、後期に志望校の過去問演習を重ねていく流れが理想的です。
しかし勉強をスタートした時期が遅い場合や日々の家庭学習や定期テストに終われて詰めたと思っていた「ひきだし」がスカスカなまま6年生に突入することは少なくありません。

では「ひきだし」にしっかり基礎を詰めていくにはどうするか?
私が実践しているアプローチは以下の4つです。

まずは現状の「ひきだし」の数と中身の濃さ、弱点を把握し入試から逆算して今必要なカリキュラムをご提案すること。

どんなに簡単なことでも質問できる雰囲気作りと理解できるまで何度でも根気強くわかりやすい言葉で説明すること。

③「自分で考える力」を養うため、解説を聞くだけではなく自ら手を動かして図や式を書いたり積極的にアウトプットしてもらうこと。

④理解したことを定着させるために量も質も的確な課題を指示し、反復練習を怠らないこと。

(*もちろん通塾しているテキストだけでなく他塾のあらゆる教材の中からその子に合ったレベルや量のものを選んで使用することもあります。)

こうして基礎を詰め込んだ上でたくさんの演習を重ねていき「ひきだし」の的確な選択と中身を自由自在に扱えるようになればこちらのものです。
志望校別の対策も難なく進めていけるでしょう。
問題の相性などもありますが、過去問を『解くのが楽しみ!』という生徒さんも多く見かけます。

また、個人指導では生徒さんの実力を見極め、資質や性格なども加味しご家族やご本人のご希望に沿った志望校や併願校のご提案も非常に重要な役割だと思っています。
私は伴走者として最後の最後まで絶対に諦めず生徒さんとご家族に寄り添い、受験に向き合います。
限られた時間を有効に使って一緒に志望校合格をつかみ取りましょう。

こんな生徒ならおまかせください

どんな成績でもやる気と根気さえあればお引き受けします。
算数で点数が取れず成績が伸び悩んでいる生徒さんを引き上げることを得意としています。
「算数が苦手、1番嫌い」「授業についていけない」「何につまずいていてどうすればいいかわからない」「得意科目にしたい」など算数でお悩みの方はぜひご相談ください。
また、サピックスの教材を熟知しているので各単元の学習法やマンスリー対策もお任せ下さい。

実はこんな面も

学生時代はミュージカルを目指していた事があり歌のお仕事をした経験があります。 今でもストレス発散によく歌います。

趣味はアニメと漫画とゲームで特にドラクエ、FF、ゼルダが大好きです。今はなかなかできませんが息子が成長して一緒にプレイするのを密かに楽しみにしています。

他の先生から咲良 絵理(PN)先生を紹介

三宅 貴之 先生

学生時代から20年近く、一緒に仕事をしてきました。
長年にわたる集団授業で培ってきた、算数を楽しく分かりやすく伝える指導力は折り紙付きです。

個別指導においては、更に講師としての強みを発揮します。
ご家庭に対しての、志望校選択から親子関係のお悩みまで多岐にわたる提案力や牽引力。
個々の生徒に対しての、親身で熱心な指導、適切な教材選択、学習指示。
必ずや中学受験の最高の伴走者となってくれることでしょう。

直接は担当していない生徒まで算数の質問に常に群がっている点も先生ならでは。
生徒から手紙やちょっとしたプレゼントをもらっている姿もよく見かけます。
このような明るく親しみやすい雰囲気や声がけで、教室の生徒みんなを前向きにさせる姿はまるで、自律学習サカセルが誇る受験の女神様でしょうか? (笑)

講師としてだけではなく、塾経営の片腕としても申し分のない働きです。
自律学習サカセルをより良い塾にしようという具体的な提案も数多く、僕も心から頼りにしています。
これからも宜しく!

この講師について

増田 雄介 先生

倉科カナみたいな声の人です。特定のこと以外にはポンコツな自分と比べて、何でもこなしそうなイメージです。イメージカラーはどピンク。

この講師について

齊藤 弥生 先生

華やかなので、教室が明るくなります。生徒や保護者の方から深いところで信頼される、頼りになる先生です。

育ちのよさでしょうか…徳のようなものを感じます。幸せな一生を送りそうです。担当されたご家庭はそのオーラに巻き込まれてうまく行きそう…と感じてしまいます。

ファッションはエレガント系。大きな花柄や巻き髪がよく似合う、きれいな先生です。

この講師について

咲良 絵理(PN)先生が担当した生徒の合格体験記

人気の記事