サカセルコラム

私の解き方を尊重して話を聞いてくれた 東京学芸大学附属世田谷中進学 女子 Column

合格体験記

私の解き方を尊重して話を聞いてくれた 東京学芸大学附属世田谷中進学 女子

2021.03.07

進学先:東京学芸大学附属世田谷中学校

その他の合格校:栄東中学校、普連土学園、佐久長聖

Q. 受験勉強を続けてきて大変だったことや嬉しかったことをお聞かせください

約束記号や記述が苦手でした。約束記号はきまりを書くことで解けるようになり、嬉しかったです。また三宅先生は私の解き方を尊重して話を聞いてくれて良かったです。国語の記述では、書き方を教わって、書けるようになり嬉しかったです。

Q. 先生との学習で印象に残っていることをお聞かせください

三宅先生に算数の授業で「解答より良い解き方をしているね」と言ってもらえたことです。

また、国語の授業で増田先生に「きっかけのあとに気持ちがあること」や「を・に が主語にならないこと」など基礎から丁寧に教えていただいたことです。

Q. 後輩へのアドバイスをお願いします

ふだんから字を読みやすくしようと心がけることです。計算間違いを減らし、見直しをしやすくすることができます。そして時間をムダに使わず、試験時間が短い学校でも間にあわせることができます。

担当した講師からのひとこと

自分で試行錯誤する作業力や発想力は、もともと高いレベルで持ち合わせていましたね。1冊のテキストをやりこみ、基本パターンを身につけてからはスピードも高まり、算数を絶対の武器として受験に挑むことが出来ました。算数女子は強いです。

この講師について

私の授業が始まったのが6年生の10月の半ば。初めは語彙力がなく、発問に対して嚙み合わない返答をすることが多かったですが…基礎事項から始まって、各文章問題の「読み方」、超長文の記述、作文を含めた各種「取り組み方」まで、短期間で様々な壁を乗り越えてくれたと思います。

この講師について

関連記事

自律学習サカセル

この記事を書いたのは...

自律学習サカセル

池尻大橋駅から徒歩2分。
国道246号線沿いの個別指導塾、家庭教師センター。
特に中学受験は専門プロ講師によるコースを設置し、高い実績をあげている。
東大・ 医学部・早慶大生を中心に意欲の高い講師が指導する、中高一貫校・大学受験コースにも定評あり。

同じ筆者の記事を見る