サカセルコラム

受け身の姿勢から分かろうとする姿勢に変わってきた サピックス渋谷校 小5女子 保護者 Column

塾生の声

受け身の姿勢から分かろうとする姿勢に変わってきた サピックス渋谷校 小5女子 保護者

2019.01.12

在籍塾:サピックス渋谷校

学年:5年生

 

Q. 入会前のお子様の学習状況など、入会のきっかけをお聞かせください

上の子が中学受験の時に、サピックスの授業サポートで三宅先生にお世話になり、その頃から下の子も受験準備の学年になったらお世話になりたいと考えていました。入塾前は、サピックスのテキストの復習を祖父と行っていましたが、塾での教えと異なる場面もあり、娘は分かったふり、で過ごしていると感じました。単元ごとの理解具合、出来ないならどこで躓いているのかを明確にしていくために、サカセルに4年生からお世話になっています。

 

Q. 入会後の学習状況や学習姿勢の変化をお聞かせください

先生方が、学習に興味を持てるよう指導してくださるお陰で勉強嫌いな娘は、授業に対して受け身の姿勢から分かろうとする姿勢に変わってきたと感じます。算数では、解法を理解できても、式や図をめんどくさがり書かなかったり、割り算の小数点がずれていたりと正しい答えに導く過程でのミスが多く、まだまだ課題はありますがやるべきことを明確にして頂くことで、本人の意識も変わりつつあります。国語では、先生との雑談から言葉の知識を深めたり、今まで全く興味がなかった読書を積極的にするようになり驚きました。興味が持てるもののヒントを先生方から授業を通して娘は得ていると感じます。理社では、各単元の要点を中心に復習し、苦手分野を把握し準備期間の少ないマンスリー対策に活かしています。テレビや会話で、ふとした時に先生との授業内容を娘が話すとき、授業内容を日常に絡めた記憶に残る授業になっているんだな、と感じます。

 

Q. 今後、お子様に期待することをお聞かせください

今は中学受験の為の勉強という位置づけですが、サカセルでの学び、学ぶ姿勢が中学受験のその先にも活かされる事を期待しています。

関連記事

自律学習サカセル

この記事を書いたのは...

自律学習サカセル

池尻大橋駅から徒歩2分。
国道246号線沿いの個別指導塾、家庭教師センター。
特に中学受験は専門プロ講師によるコースを設置し、高い実績をあげている。
東大・ 医学部・早慶大生を中心に意欲の高い講師が指導する、中高一貫校・大学受験コースにも定評あり。

同じ筆者の記事を見る