サカセルコラム

中学受験をして進学校に行く意味を「大学受験」から考える Column

知っトク 中学受験

中学受験をして進学校に行く意味を「大学受験」から考える

2021.01.29

 中学受験で進学校に行ったって意味ない!

なんてことを言う人をどこかで見聞きしたことがあるかもしれません。確かに楽しい小学生の期間を3年近くも費やして塾に通ってまで、本当に受験をする価値があるのか、というのはちゃんと考えるべき問題だと思います。中学校から私立や国立に通わなくても様々な世界で活躍している方はいますしね。

これは同時に答えを出すのが非常に難しい問題でもあります。受験という体験に価値があるかどうかの判断は、その体験の内容に大きく依存するからです。そして、多くの人が自分の体験と選択の正当化のために価値判断を行うでしょう。

しかし、答えを出さないまでも、進学校の1つの側面に注目してその側面に関する利点や欠点を考えることはできます。そこで、今回は「中学受験で進学校に行くことは大学受験において有利であるのか?」というテーマで考察してゆきたいと思います。中学受験をする生徒の親御さんは生徒の未来、例えば大学受験や就職まで考えてできるだけ良い選択をしたいと考えていることでしょう。そうであれば、中学受験をすることがそもそも次のステップに有益なのかを考えることは重要であります。中学受験や進学先について考える際の一つの参考としてお読みください。

まずは、中学受験をして進学校へ行く事が大学受験にとって有利な理由を考えてみましょう。

1. 授業の進行が速い

いわゆる難関校と呼ばれる中学校では、公立の教育指導要領に比べるとかなり速く授業の内容が進むことが多いです。

それはなぜか…

理由1.これらの学校のほとんどが中高一貫校であるから

教員は6年を通じたカリキュラムを構築することが出来る上、中学生たちは高校受験をする必要がないため、どんどん高学年の内容を先取りしてカリキュラムを進めることができます。さらに、私立では学習指導要領に従っているかどうかについて文部科学省による監査がありますが、教育内容について事実上学校で決めているところも少なくありません。

理由2. 進度の遅い生徒に合わせることが少ないから

もちろん先生が完全に見捨てる訳ではありません。赤点を取ったりした生徒には補講や追加の課題など授業について行けるようにするための対応があるでしょう。しかし、それは根本的に授業の進みを遅らせるものではありません。

中には、中学校3年生の頃には高校2年生の内容に突入する学校もあるそうです。では、高校2年生になったら何を学ぶのでしょうか?それは難関大学の受験でも通じるような進んだ内容なのです。

2. 周りの生徒のレベルが高く心の壁ができない

受験に限らず何か目標を達成するにあたって、マインドセットというのは重要な側面でもあります。自分で設定した目標を自分で達成できると思っていない人と、できると信じている人では結果に明確な差が生まれるのです。つまり、大学受験においては、まず自分でも志望校に受かるという自信が必要なのです。そこで自分と同じ境遇の生徒たちが沢山ありとあらゆる難易度の大学に合格している進学校では、その事実から自然とある程度の自信が得られます。さらに、御三家レベルの学校になれば、学年のうち3分の1は東大に合格するわけです。日本で最高峰と呼ばれる大学も雲の上の世界にはなりえないでしょう。それらに入学することが夢のまた夢であると思っている他の受験生に比べると、スタート地点の時点で先行していることになります。

3. 一流大学に先輩が多い→情報量が多い

進学校に行くと、自分の1学年上、2学年上を見渡せば、自分の行きたい大学に進学した人が大抵見つかるはずです。中学受験についてご存じであれば想像がつくと思いますが、大学受験においても情報というのはとても貴重で、同時に得にくいものでもあります。しかし、この先輩がいるという事実は、どのように勉強したか、実際に志望校の様子はどのようなものか、どの塾を利用して、その良い点悪い点はどのようなものかといった生の声を聞く事ができるという点で、非常に有利に働くでしょう。

また、この情報量という点では、先ほどの同級生も重要な情報源です。同じく大学受験をする人が多いであろう同級生からも効果的な勉強方法や、良い塾の情報を得ることができるかもしれません。

では、次に中学受験で進学校に行くことで、大学受験が不利になる要因を考えてみます。

1. 周りからのプレッシャーがある

利点の2番目に示した同級生のレベルの高さ、そして、友人の中にも難関校に進学する生徒が多くなるかもしれないという事実が「自分もそのような学校に行かなければいけない」であったり、「合格しなければいけない」であったりというプレッシャーに繋がる人も少なからずいるかもしれません。

また、Aという進学校に行ったからにはどこどこの大学に行かないとおかしいという世間の固定観念などによって、将来不合理なレッテル張りをされることになるかもしれません。これは本当に行きたい大学探しや、受験のモチベーションに影響するかもしれません。

2. 教育費用がかさむ

これは特に私立の中学校に進学した場合に言えることです。基本的には私立中学校の授業料は年間100万円ほどでしょう。さらに大学受験をする場合は通塾費も加算されるわけです。もしかしたら、進学校に行ったら学校の勉強だけで十分だと思う方もいるかもしれません。そして、実際に塾に通わなくても難関大学に進学する生徒もいるでしょう。しかし、彼らは決してマジョリティではありません。中学受験と同じく、大学受験の問題も特殊なものが多く、学校のカリキュラムでその内容をカバーしているわけではありませんし、学校ごとに異なる傾向に合わせて授業をしてくれるわけがありません。結果的に、大学進学のために塾に通う必要性がでてくるでしょう。さて、話を費用に戻すと、中学受験にもお金をかけた上に、中高6年間にプラスして塾にもお金をかけるというのは少ない出費ではないことは明らかです。そして、そもそも中学受験をしなければ、費用自体は大きく抑えることができるでしょう。

3. 生徒は勉強の習慣を失う可能性がある

中学受験をするということは、ほとんどの方が中高一貫校に進まれると思います。小学生の時に必死に勉強して合格を掴みとった生徒が胸を張って入学していくわけです。しかし悲しいかな、高校受験がないということは、同時に勉強しなくても勝手に高校には行けるということです。生徒によっては中学校の3年間というのは中学受験時に身に着いた勉強の習慣や、頭の使い方を忘れてしまうには十分すぎる時間かもしれません。

 一回失われた勉強のやり方を思い出したり、高校生になったからと言っていきなり受験体制に切り替えたりするのが簡単ではないのは、御三家と呼ばれる学校でも浪人生が多いことが物語っているかもしれません。

おわりに

さて、ここまで中学受験をして進学校と呼ばれる学校に行くことの利点と欠点を大学受験という観点から考えてきました。進学校でしか味わえない経験や情報へのアクセスの可能性がある一方、それにはコストがかかったり、中高一貫校という特性ゆえに大学受験に苦戦したりする可能性もあることが分かります。もちろん、大学受験に有利か不利かという視点だけで中学受験に意味があるかどうか言い切れるわけではありません。受験や進学先は多角的に捉えるべきです。しかし、今回考察したことは、子どもの将来のために、考慮すべきことの1つではあるでしょう。

関連記事

H.Y

この記事を書いたのは...

H.Y

慶應義塾大学4年
ハンドボール、スカッシュ、尺八と
マイナーなものをせめがち。

同じ筆者の記事を見る