サカセルコラム

プレジデントファミリー 2019[冬]号 に協力しました Column

メディア掲載

プレジデントファミリー 2019[冬]号 に協力しました

2018.12.11

ここ数日、真冬の寒さが続いていますね。

自転車で走っていると、手や耳がもはや「痛い」ほど。

慌てて去年まで使っていた防寒具を探し出しました。

 

これだけ寒いと気がかりなのが風邪やインフルエンザ。

全力で勉強に打ち込むためにも、まずは元気がないと始まりません。

何はともあれ身体が資本です。

手洗いうがいを励行して、移動時はマスク着用。

インフルエンザの予防接種も家族一同行ってきた。

僕も自身の丈夫さを過信せず、体調管理を心がけていきます。

 

 

さて、このたびプレジデントファミリー2019[]のお手伝いをさせていただきました。

今回の特集は「算数に強くなる!」

きっと皆さんにとっても参考になる内容が多いことでしょう。

今回は「苦手だったぼくらが東大合格!小学生時代の克服術」にて、自律学習サカセルの東大生講師の記事が掲載されました。

普段から共に働きよく話している講師のことをよく知っているつもりでも、記事を見たら改めてその講師の人となりやバックグラウンドを知ることが出来ますね。

編集部の皆様、良い機会を頂戴しありがとうございました!

また参加してくれた講師をはじめとするスタッフの皆さん、ご協力ありがとうございました。

 

残念だったことは、せっかくの算数特集なのに僕の独占インタビューが掲載されなかったことでしょうか()

お役に立てず申し訳ございません・・・

 

より紙面のお役に立てるよう、もちろんより生徒の皆様のお役に立てるよう精進していきます。

 

関連記事

三宅 貴之

この記事を書いたのは...

三宅 貴之

自律学習サカセル代表。
東大寺学園から東京大学に進み、以降は講師としてキャリアを積む。

また講師としてだけではなく、東大生のみを紹介する家庭教師センターを設立し、誰よりも多くの東大生と勉強法を論じてきた経験も持つ。
そして満を持して、2017年に自律学習サカセルを創設。

その昔、高校生クイズで全国大会の準決勝に進出したことも。
現在は卒業生との語らいと娘の成長が楽しみ。

同じ筆者の記事を見る