サカセルコラム

あきらめず努力の出来る人に成長した 日本女子大附属進学 女子の保護者 Column

合格体験記

あきらめず努力の出来る人に成長した 日本女子大附属進学 女子の保護者

2019.02.26

進学先:日本女子大附属中学校

その他の合格校:函館白百合、品川女子学院、三輪田学園

 

Q. 入会前のお子様の学習状況など、入会のきっかけをお聞かせ下さい

日能研に通っていましたが、毎回算数はチンプンカンプン。

日能研授業のフォローをお願いするため、また、6年後期は志望校合格に特化した勉強をみてもらうために入会しました。

9月以降、塾ではほとんど応用問題になり、自分に合った勉強でなくなります。

集団塾では、一人一人に合わせた指導はしてくれませんから、問題の取捨選択や弱点補強、過去問指導などをサカセルでみてもらうのは大変有効でした。

 

Q. 入会後の学習状況や学習姿勢の変化をお聞かせください

理科:模試やカリテはひどかったです(6年平均偏差値42)。が、過去問では安定して得点できていました。

合格できたのは、志望校合格のために「何を」「どれくらい」やるかを明確に指導していただいたおかげだと思います。

娘の点数にも忘却曲線にもいつも冷静沈着な対応、「これぞプロ!」という先生でした。

 

国語: 11月から何回か過去問指導をお願いしました。

もともと得意科目でしたが、「満点合格も夢じゃない」というところまで伸びました。

苦手科目のテコ入ればかりに目がいきますが、得意科目をさらに伸ばし、盤石な得点源にするやり方もあるなぁと実感しました。

気持ちの持って行かせ方もとてもお上手な先生で、入試直前のメンタル面でも助けられました。

 

算数:本人の強烈な苦手意識もあり、これは本当に苦労しましたね。

三宅先生には、超文系の算数苦手女子に合わせて根気強くご指導いただきました。

苦しくてもとにかく先生の指導を受け、あきらめずに続けたから合格できたのだと思います。

算数のみならず受験全般の相談ができたのもとても心強かったです。

 

Q. 中学受験を戦い抜いたお子様に一言お願いします

合格おめでとう。本当に本当によく頑張りました。

勉強はとても大変で、何度も何度もあきらめてやめようと思ったよね。

でも!! それを乗り越えて受験に臨み、合格ももらえました。

あなたがあきらめず努力のできる人に成長したこと、私は何よりも嬉しく思っています。

関連記事

自律学習サカセル

この記事を書いたのは...

自律学習サカセル

池尻大橋駅から徒歩2分。
国道246号線沿いの個別指導塾、家庭教師センター。
特に中学受験は専門プロ講師によるコースを設置し、高い実績をあげている。
東大・ 医学部・早慶大生を中心に意欲の高い講師が指導する、中高一貫校・大学受験コースにも定評あり。

同じ筆者の記事を見る