サカセルについて

圧倒的な講師力 Overwhelming instructor power

自律学習サカセルは「講師の質」に徹底的にこだわります。

学生講師の質へのこだわり

  1. 1面接へのこだわり

    名門大学生ならば一定以上の学力を持ち合わせていることは言うまでもありません。
    ただ指導においては、講師の学力以上に「意欲」と「指導力」が生徒の成績向上につながります。
    そのため、自律学習サカセルでは、講師登録希望のあった大学生の全てに対して、最初に1時間を超える面接を実施します。
    面接を通して個々の大学生の学力や指導経験はもちろん、特に指導意欲を重視して選考し、自信を持って家庭に紹介できる大学生だけを講師として登録しています。

    ここがオンライン上でプロフィールを入力しただけで講師として登録され、全ての登録者に自動的に案件の紹介メールを送る一般的なセンターとの大きな違いです。

  2. 2指導内容へのこだわり

    自律学習サカセルでは、どれだけ指導経験の豊富な大学生講師に対しても、毎回の体験授業の前に勉強会を実施します。
    勉強会では、実際に生徒から状況を聞いて学習方法を提案したコーディネーターと指導方針を綿密に協議し、共有します。
    その上で体験授業を実施することで、体験授業の段階からより的確な指導を実施し、生徒の最短での学力向上を目指します。

    また自律学習サカセルは指導開始後も生徒の学習状況を把握し、サポートし続けることを大切にしています。
    講師から自律学習サカセルへ生徒の学習状況の報告を義務付けることはもちろん、自律学習サカセルから生徒への学習状況の確認を定期的に実施し、状況の把握や提案に努めます。

    世の中には「派遣した後は講師まかせ」というセンターは多いもの。
    自律学習サカセルは「実際に指導が始まってから本当のサポートが始める」と考えています。

  3. 3自律学習サカセルの考える「プロ意識」へのこだわり

    もしかすると「名門大学生には、出来ない生徒の気持ちなんてわからないだろうから、もっと普通の大学生に教えてもらったほうが良いのでは」と考えられる方もいるかもしれません。

    それでも自律学習サカセルは名門大学生講師を薦めます。

    名門大学生は何の努力もせずに、勉強が得意だった訳ではありません。
    きちんと勉強に向き合ってきたからこそ、各学習分野におけるつまずくポイントを把握し、乗り越えてきたからこそ結果を出し続けることが出来たのです。

    このように名門大学生は勉強に真剣に向き合ってきたからこそ、知識の増える喜びや、結果を出す楽しさなど、勉強の価値を知っています。
    そして今度はその価値を後輩に伝えたいと考えているのです。
    自身の学習経験をベースとして、生徒の状況や求める内容に応じて、完全オーダーメイドで授業を組み立てることで、最短で結果を出すよう大学生講師も努力します。
    そんな大学生講師を、自律学習サカセルでは「学生」ではなく「プロ講師」と考えています。
    プロ講師ならば生徒の学力向上のために講師が指導方法を研鑽したり、入念に授業準備をしたりすることは当然です。
    自律学習サカセルの大学生講師は、使命感、責任感とサービス精神をもって、指導に全力で臨むことをお約束します。
    本質を伝えられる、勉強のプロの大学生講師と一緒に、目標に向かって頑張ってみませんか?

プロ講師の質へのこだわり

五者の精神とは

自律学習サカセルでは「五者の精神」を備えた講師に徹底的にこだわります。
「五者」とは「学者」「役者」「易者」「芸者」「医者」を指します。
ここでは自律学習サカセルにおける、それぞれの意味をお話します。

  1. 1「学者」へのこだわり

    自律学習サカセルのプロ講師は、高いプロ意識を持ち合わせています。
    自身の指導科目の最新の知識獲得はもちろん、指導方法の研鑽も欠かしません。
    また生徒の学力向上、合格のために周辺事情の把握や生徒との接し方に至るまで、努力を惜しみません。
    学習を指導するものとして、自身の学習を怠らないことは当然だと考えます。

  2. 2「役者」へのこだわり

    同じ内容を指導するにしても、講師によって生徒の吸収度には大きな差が生じます。
    生徒の理解度を高めるためには、講師の「表現力」や「魅力」は必須です。
    自律学習サカセルのプロ講師は、より伝わりやすい話し方や、生徒の希望する講師イメージを意識して指導します。

  3. 3「易者」へのこだわり

    受験勉強を進めていて、まったく不安を感じない生徒とその家族は皆無でしょう。
    自律学習サカセルのプロ講師は、生徒やその家族の不安をあらかじめ予想し、払拭するための実際の学習はもちろん、精神面も含めた様々なサポートを行います。
    生徒が安心して学習内容に邁進することが、学力向上には欠かせません。

  4. 4「芸者」へのこだわり

    生徒にとって強制としての勉強が苦行になってしまう可能性は否めません。
    ましてやプロ講師に指導を依頼する場合、その科目にマイナスのイメージを持ってしまっていることも多いでしょう。
    そこで自律学習プロ講師の生徒は「面白さ」を意識した授業を展開します。
    時には趣味の話や冗談を言い合うことによって、授業にメリハリをつけることも重要です。
    ただプロとして指導科目の面白さを伝えることこそ、大切にしています。
    その講師の授業を好きになることで、その科目を好きになり、進んで勉強するようになること。
    それを自律学習サカセルの講師は目指します。

  5. 5「医者」へのこだわり

    学習の成否は「計画立案」にかかっています。
    自律学習サカセルの講師は生徒を観察し、弱点や変化を見抜くことを得意としています。
    常に最新の状況を把握することで最適な指導を行うことはプロ講師としての務めです。

    勉強における主役は、あくまでも生徒です。
    自律学習サカセルの講師は、この「五者の精神」を大切に、指導にあたることを約束します。

人気の記事

カテゴリー