サカセルコラム

夏休み 効率よくスケジュールを組みたい! Column

サカセルの日常

夏休み 効率よくスケジュールを組みたい!

2018.07.18

連日35度を超える猛暑。

ただ外にいるだけで奪われていく体力。

止まらない汗。

 

家庭教師の先生が汗だくのデブだと、家に上げたくはないですよね。

少しでも涼しげに見せるためにも、痩せなきゃ…

 

さて、コラムの更新が少し滞ってしまいました。

教室は冷房でキンキンに冷えているので、暑さは言い訳にはなりませんね。

遅れてしまった理由は「夏期の日程の最終調整」

これに尽きます。

 

ありがたいことに夏休みも多数、授業の依頼を頂戴しました。

そこで苦慮しているのが夏休みの指導日程なんです。

普段は毎週〇曜日の〇時~〇時と決まっている生徒のスケジュールの合間に、スポット的に通う生徒の授業を案内しているんですが、夏休みは完全にゼロから一人ひとりの時間割を作っていきます。

個々の生徒から「通えない時間帯に×を記入してください」とアンケートを取って、出そろった段階で機械的に放り込んでいくなら楽な話ですが、生徒の皆さんに価値のある夏期講習を提案したいので、やはりそういう訳にはいきません。

 

そこで家庭とも相談しながらスケジュールを作り上げていくわけです。

A君の通っている集団塾では730日に4番テキストが終わるから、そこまでの復習を7/31の授業で行って…」というように、1か月以上先までそれぞれの生徒の学習予定内容を考えながら組み立てていくと、なかなか時間もかかってしまいます。

 

また教室が賑わってくれるのは嬉しいことですが「席が埋まってるから授業を受けられない」や「せっかく自習に来たのに席が無い!」のような事態が発生することは絶対に避けたいもの。

他の先生方とも授業予定も共有しながら、ポチポチとスケジュールを完成させていっています。

 

こうして夏休みのまさに直前、ようやくだいたいのスケジュールが固まってきました。

1ヶ所に固まりすぎることもなく、だいたいの時間帯であと12人は案内出来るので、少々のイレギュラーや追加授業にも対応が出来そうです。

 

さぁ、皆さんの手元に届いているスケジュールは、色んな考えが詰め込まれています。

暑さに負けてしまわないよう、しっかり食べてしっかり寝て、体調面も気を付けていきましょうね。

我々、講師も良いコンディションでスケジュールを完遂させるよう頑張ります!

授業は少々無理もしますが、しょーもない余計なことで体力を使わないよう肝に銘じておきますね。

 

関連記事

三宅 貴之

この記事を書いたのは...

三宅 貴之

自律学習サカセル代表。
東大寺学園から東京大学に進み、以降は講師としてキャリアを積む。

また講師としてだけではなく、東大生のみを紹介する家庭教師センターを設立し、誰よりも多くの東大生と勉強法を論じてきた経験も持つ。
そして満を持して、2017年に自律学習サカセルを創設。

その昔、高校生クイズで全国大会の準決勝に進出したことも。
現在は卒業生との語らいと娘の成長が楽しみ。

同じ筆者の記事を見る